みんなの競馬必勝法

  • 管理人

本当にパドックは必要なのか?

それは、あなたがいまの競馬を見てどう思うかで変わってきます。 いまや0.1秒の着差に数頭も入ってくるレースが頻繁に行われている中で仕上がりの良し悪しが 好走を決めると思わないのなら見る必要はありません。

パドックはファクターの1つに過ぎません。これだけで競馬予想が完結すると思わないでください。 確かに優れたパドック診断は、まるで競馬予想したかのように精度が高いのも事実です。

グリーンチャンネルや民放のパドックは人気馬を無難に褒めるだけです。 視聴者だけでなく競馬関係者の泥をぬる可能性があるためハッキリしたことは言いません。

メディアと競馬サークルとのしがらみが多くテレビでパドック診断は役に立たないでしょう。 ただ、いままで行われてきた様式美として機能するだけであり効果を求めるのは無理があります。

では、自分でパドック診断をするべきでしょうか? いいえ、パドックをメインファクターとしない限り手をだすべきではありません。

競馬サークルでも競走馬を見ることができる人はほんの一握りだけと言われています。 ましてや、動いているサラブレッドを見るのはプロでも難しいとされ時間をかければ見られるようになると いった類のものではありません。

きちんと診断を行える人がいる場合は頼った方がいいでしょう。いない場合は見なくても構いません。 あまりに奥が深いためわかりにくいものはブラックボックスにしておく方がいいかと思います。

競馬のすべてを理解できると思っているのなら手痛いしっぺ返しを受けることになるでしょう。 自分の力量を越えたものに手をだすのは賢明な人がやることではありません。

パドック診断はエージェントが最適

高確率で走る馬を見抜き馬主へ仲介するエージェントのパドック診断なら十分な価値が含まれています。

それができる競馬情報サイトと言えば【4keiba.com】しかありません。 一口馬主の重賞馬を事前に無料診断した実績を持つ歴史のあるエージェントが在籍しています。

パドック診断も無料で行われていますが、いまのところ不定期となっています。 それでも推奨馬3頭を挙げたらすべて馬券対象になるなど十分な効果が期待できるため積極的に活用しましょう。

意外と当日でないと獲ることができない穴馬がいることを知ることになると思います。 それほど高い精度を誇っているので競馬予想のファクターとして機能させることができます。

⇒ 無料競馬情報と一口馬主の募集馬診断 - 4keiba.com

騎乗馬エージェントはデータ収集が本業

同じエージェントでも騎乗馬を手配するエージェントの見る目は期待できません。 彼らは、競馬専門紙の記者であり得意なのはデータ収集ですから彼らのパドック診断は調教師の代弁と言っていいでしょう。

そのため一定の価値は含まれているものの無難なコメントしかでてきません。 競馬サークルは、習慣的にハッキリとした物言いを好まない傾向があり、それがメディアのパドック診断が使えない理由に直結しているのです。

パドックを見るのに便利なのはJRAレーシングビュアー

テレビのパドックは巻き戻しはできないですがJRAレーシングビュアーなら何度でも映像を見ることができます。 ただし、あまり映し方は上手ではなく安い値段なりの映像なので過度な期待は禁物。

特に逆光でパドックを映している時はほとんど何も見えなかったりします。 あとは前方だけを映していたり後方からお尻だけを映しているなどカメラ技術はかなり低いと言わざるを得ません。

⇒ JRAレーシングビュアー

いまあるパドックの見方は役に立つのか?

はっきり言いましょう。ケースバイケースです。それで馬券が当たる時もあれば、それで馬券を外すこともあるでしょう。 いまあるパドックの見方を身につけても劇的な効果は見込めません。なぜなら、サラブレッドの見方を知らないからです。

ただ、パドックで競走馬を見ることに大した意味はありません。 玄人ぶった人は色々と語りたがる場所ですが、大事なのは馬体における好走別タイプを知ることです。

そんな情報は専門職でなければ知りようもないため、ほとんどの人にとってパドックとは縁がありません。 中途半端に見ても曖昧な結果しか得られないことを頭にいれておくべきだと思います。

よくパドックを見ても意味がないと言う人がいますが正解です。 特別な訓練を受けていてもビシバシ当たるというわけではなく少し期待値が上がる程度と考えておきましょう。