みんなの競馬必勝法

  • 管理人

予想屋に勝つことを求めない

誰しも予想屋を利用する時に勝てるどうかで決める人がほとんどではないでしょうか。 しかし、色々な競馬予想サイト利用してきた私としては、それが良い付き合い方とは一向に思えないのです。

特に悪質な競馬予想会社は、そういった利用者の意識を巧みに利用してきます。 彼らは、競馬ではズブの素人ですが詐欺まがいでは出会い系を運営したりアダルトの料金を請求するウイルスを 仕込んだりと一流です。

私は痛い目にあってきた過去の経験により予想屋との付き合い方を改めるようにしました。 具体的には利用するための基準と価値を変更したのです。

変更前の基準

  • 回収率はどれくらいか?
  • 勝たせてくれる確率は高いか?
  • 自分の理想をかなえてくれるか?

変更後の基準

  • 自分より回収率が高いか?
  • 独自の視点を持っているか?
  • 良い影響をもたらしてくれるか?

優位性があれば勝てる!

自分で馬券を買うよりも回収率が良くなるのであれば利用する価値はあります。 そして、独自のアプローチを持っていてプラス収支の可能性があるのなら文句はありません。

私が大事にしていることは競争の優位性です。 それがあれば実はなんとかなってしまうものだと10年たってから気づきました。

そんなに眉間にシワを寄せて信用できるかなんて考えても時間の無駄です。 競争の優位性がない競馬予想サイトはいずれ負ける運命にあるからです。

私が利用しているkeibasite.comでは『ベノム診断(BD)』という競走馬の適性を明らかにする 手法が取り入れられています。

これは5頭に1頭はオープン馬になる馬を見つけられる競走馬を仲介するエージェントを擁する【4keiba.com】 という一口馬主の無料診断サイトの技術を応用して作られたとのこと。

実際に事前に推奨馬7頭が取り上げられていましたが、その中でウインレーシングのウインブライトが重賞レースのスプリングSを勝ち、 2017年の皐月賞3着に入ったダンビュライトも数少ない推奨馬の1頭でした。

ウインレーシングの世代ナンバーワンを一発で見抜く技術を馬券に生かせる優位性は説明するまでもないでしょう。 ちなみに、2017年の2歳馬のナンバーワンは新種牡馬ロードカナロア産駒のウインネプチューンだそうです。

ほかに適性診断にはエクイノム社の遺伝子診断もありますが、1頭5万円以上の診断料が取られる上に適性タイプが『短距離』『中距離』 『長距離』の3つしか分かりません。

そう考えるとkeibasite.comは細かい適性が分かるのにリーズナブルに利用できる魅力があります。 ただし、かなりの時間が掛かるそうで、もしかしたら利用者の代わりにコストを負担してくれているだけなのかもしれません。

できるだけ長く続いて欲しい競馬予想サイトなので、これからも応援していくつもりです。

ハードルを上げるほど悪質業者を引き寄せる

私はできるだけ的中率と回収率が高いほうがいいと思い込んできました。 そうでなければならないと根拠なく頑なに信じこんでいたのです。 だって数字は良い方がいいに決まってるじゃないですか(笑)

今でこそ完璧主義者ほど損をすることを理解できるようになりましたが、 初心者のうちは勝つためのロジックが分からず迷走するのは仕方がないことです。

ただ1つ言えるのは、あなたの理想とする所に悪質業者はワナを仕掛けて待っているということ。 その信念が揺るぎないほど悪質業者を信じこんでしまうでしょう。

そうならないためにも勝てるかどうかではなく、自分にメリットをもたらしてくれるかで 決めたほうがいいのです。

ノコノコとカジノに来て誰か私を勝たせてくれないかと言ったらどうなるでしょうか。 私は勝つどころか一夜の間に破産すると思います。 自分の責任は自分で取るとしっかり意識できていれば悪質業者のワナに引っかかることはありません。

JRAだって信用できない

JRAが運営するデータサイトとしてJRA-VANがあります。 このサイトは胴元だから安全?とか言う人がいるのですが実際は逆ではないでしょうか?

競馬予想にとって1番必要となる情報は何ですか?それは能力となる指標です。 その指標に使われているのがレーティングになります。 世界的に使われるレーティングですがJRAはトップホースしか公開していません。

JRAのレーティングには価値があります。すべてのデータを統括する主催者が提供するものだからです。

しかし、そのレーティングは売りにださずデータマイニングの数値とかいう信頼の低いものを有料で提供することに 誰も文句は言わないですよね。それこそダブルスタンダード論理破綻ではないでしょうか。

クリティカルな情報をもらえず競馬予想した気になっているだけだとしたら勝てなくてもおかしくありません。

勝ち方は教えてもらうのが早い

競馬の勝ち方を知っているのは勝ったことがある人だけ。 しかし、競馬の勝者は1割ほどで、しかも年間で見ると入れ替わるのが普通です。 競馬で勝ち続ける人は希少数であり、そのノウハウを手にする機会はネットでしかありえません。

東大に合格するためのノウハウは合格した人だけが知っている特権です。 それを入手する方法は、大手の予備校に行くか、現役東大生を家庭教師として雇うかのどちらかになる。 それは競馬でも同じことです。

あなたが価値のある人間なら対価を払った方が話は早い

いくら無料情報を見ても経験としての上積みがなければ経過した時間が無駄になります。 ただ刹那的に馬券が当たったとしても私は意味がある行為とは思えません。

あなたの労働価値は時給いくらですか?無駄にした時間を時間給でだしてみれば無料情報は得しないことが分かります。 さっさと対価を支払い本質的な取り組みを始めた方が価値のあることだと思いませんか?

その無意味さで言えばソーシャルゲームがトップクラスですよね。 あれは無料でやる意味がありません。ほとんどが課金前提なのですから無料だと多くの時間を無駄にします。

それで得られるのは一時的な楽しさだけ。 ただ、ガチャを回しているときは脳内麻薬の分泌が進むため気持ち良さも伴っているでしょう。

人気ゲームなら長く価値を保持できるでしょうが、いずれ泡となって消えていく運命は避けられません。 そんなことに熱中するのは虚しいだけと思う私はネガティブすぎるでしょうか。

いまの無料をありがたがる風潮はダーティな広告に利用され始めています。 モンストやパズドラなどをやっている人で課金アイテムが欲しい人をターゲットにゲームを有利に進める有料アイテムを20,000円分無料でプレゼントする 詐欺が横行しました。

それで登録されたスマホには毎日20~30通の迷惑メールが届くようになるという仕組みです。 無料だから安全というわけではありません。むしろ悪質業者に利用される可能性の方が大きくなっていくと思います。

どうすれば信頼できるのか

前にも書いた通り信頼できるかどうかで利用を決めるべきではありません。 自分に何をもたらしてくれるかで決めるべきなのです。 インターネットの信頼は見せかけることができます。 フェイスブックやフォロワーの数が多いと信用できると思い込むかもしれません。

しかし、こうしたフォロワーは水増しする業者にお金を払えば誰でも見かけ上の人気者になれます。 これはブログの人気ランキングでも同じで業者にお金を支払うことで人気があると錯覚させることができてしまう。

実際に競馬ブログのランキングを見たことがありますが利用価値の低いブログばかりが上位を独占していたので 不信しか覚えませんでした。おそらく操作された結果であると私は見ています。

インターネットは利用価値が高いゆえに色々な工作がなされていることが多いため気をつける必要があるのは確かです。 しかし、よほど手が混んでいない限り引っかかることはありません。それよりもチャンスを見逃していないかよく検証してください。

競馬予想サイトの口コミは信用できるか

競馬予想サイトの口コミサイトはいくつもありますが検索結果を汚染するために量産されたもので 実質は2グループ程度が独占して行っているようです。

競馬予想サイト名+口コミなどで検索エンジンに引っかかるようにして詐欺ではないですかと問いかけるのです。 そして、この競馬予想サイトなら安心ですよと悪質な競馬予想サイトへ誘導する手口が流行ってきました。 これは警視庁が注意喚起している探偵詐欺の手口とまったく同じであり注意しなければなりません。

⇒ 詐欺被害の解決・返金をうたう探偵業者

実際に管理者が利用すればいくらでも利用感のあるコメントが増産できるため信ぴょう性はゼロに近いと思っていいでしょう。 おそらく競馬予想の口コミサイトと競馬予想会社は同一のものと判断していいと思います。

競馬予想サイトは悪く書こうと思えば際限なく書けるので中立性が確保されていないと何の参考にもならない。 特に良質サイトと悪質サイトと分けられているのは激ヤバイので近づかない方が賢明でしょう。

その悪質サイトは、過去にそのグループが運営していたものなので訴えられる心配がありません。 実際に運営されている予想屋を詐欺と書いた口コミサイトは訴えられて和解している裁判例があります。

予想屋の予想が当たらないことは詐欺にはなりません。ただアテがはずれたに過ぎないのです。

競馬予想の口コミサイトの多くは悪質サイトへの入り口と考え近づかないようにしましょう。 中には弁護士が裏で糸を引いているという陰謀説もでているそう。

確かに自ら被害者を作りだして後始末もできるという一連の流れを作り出せる唯一の存在ではあります。 そんな世の中になっているのは食えない弁護士が増加していることと何か関係があるのかもしれませんね。