みんなの競馬必勝法

  • 管理人

人間的であるほど詐欺にあってしまう

競馬予想は詐欺まがいの業者が多いと思います。それだけカンタンに馬券で稼ぎたいという人が多いという表れでもある。 しかし、詐欺というのは業界を問わず存在し珍しい話ではありません。では、競馬予想で多い理由は何なのでしょうか。

それだけ競馬に対して現実ばなれをした考え方をする人が多いというのが私の答えです。 競馬予想が上手ければ儲かるんじゃないか?特別な競馬予想ソフトを使えば誰でも稼げるんじゃないか?

そういう話は確かに存在してニュースにもなっていますが可能性として考えればレアケースなわけです。 そのレアケースを探す先には多くの詐欺業者がワナを張って待ち構えているのですから詐欺にあう確率は上がって当然なのです。

そういった詐欺業者は、競馬に限らずオイシイ話にワナを仕掛けて待ち受けている。 あなた自身の考え方を変えない限り、またどこかで詐欺師のエサになることは間違いありません。

かつて私もそうでしたが、こういう方は情報リテラシー能力が低い傾向にあるのです。 情報リテラシーとは、情報を自己の目的に適合するように使用できる能力のこと。

競馬予想はデータを見ながら予想するのが普通ですが、競馬で負けている人は情報に振り回されるだけの人が多かったりする。 本人は予想しているつもりなのですが、競馬新聞にあるデータではなく予想印や誰か意見で馬券の買い方を決めているのです。

こういった人は情報の価値を判断することが難しいため、上手な予想と下手な予想を区別することができません。 それでも馬券の回収率は75%に落ち着きやすいことから致命的な痛手を受けずに済んでいるというわけです。

だから、上手な人の予想を目の当たりにした時にまったく逆の判断をしてしまうことがある。 この人は何か裏があるんじゃないかと何の根拠もなく疑ってしまうことは分かりやすい例と言えるでしょう。

この判断を下す前に感情が入っていると、より強固なものとなってしまうため修正は難しくなります。 そもそも人間はつねに正しく考えて論理的に行動しているわけではありません。

たとえば、Youtuberの競馬予想を見て予想者に好意を持ったとしましょう。 そういう感情が入ると競馬予想がハズレても『負けても楽しめたから』と肯定するようになります。

逆に嫌いなYoutuberの競馬予想が当たった場合はどうなるでしょうか。 この方を賞賛すべき所ですがそうはなりません。それどころか気に食わないヤツとさらに嫌いになることさえあるのです。

これは典型的な認知のゆがみであり人間らしさの象徴でもあります。 このような判断は日常的に行われているため意識しなければ改善することはできません。

人は第一印象でどういう人物かをレッテルを貼り決めることで情報を整理する習性があります。 この第一印象をあとから変えることの難しさは多くの人が体験していることではないでしょうか。

つまり、あなたが好意をもった相手が詐欺師であれば、たとえ怪しいと思った商材でも買ってしまうということです。 それは感情的に否定できないせいで起きてしまう。こういったことを理解している詐欺師はあなたを気持ちよくさせるためにあらゆる手を尽くすでしょう。

あなたが詐欺にあったことがあるのなら思い出してみてください。 おそらく人間的な魅力にあふれた人物であり、その人物が話す言葉はあなたにとって共感できるものばかりだったはず。

あなたのことを本当に思う人は時に厳しい言葉をなげかけるもの。 自分で詐欺か判断できない場合は、あなたのことを考えてくれる人の意見を聞けば詐欺を防ぐことができます。

Google(グーグル)、Yahoo(ヤフー)検索が汚染される理由

現代は情報操作の時代に突入しています。 グーグル、ヤフー検索エンジンこの2つが日本でのシェアを占めており、どちらも営利企業であることは言うまでもありません。

最近はアフィリエイトで収入を得ている人も多く広告のためにWEBサイトや記事が量産されています。 使ったこともない商品を広告報酬が高いからと口コミを自作自演してまで成約させようとすることは日常茶飯事なのです。

インターネットの情報が正しいという保証はどこにもありません。 ネット黎明期こそ正しい情報が多かったですが、それはユーザーが利便性を願う純粋な気持ちから成立していました。

しかし、今では広告の力が増してきたことで間違った情報でも検索エンジンの上位に表示されてば何でもいいというスタンスに変わっています。 その例としてふさわしいのがニュースにもなった一流企業モバゲーで知られるDeNAの間違った医療情報の乱造記事です。

すでにある記事から転載やリライトを大規模で行っており、その人員は仕事依頼サイトなどで報酬をエサに人員を集めていました。 こういったものはすでに『まとめサイト』として認知され便利と思われてますがアクセスを得るためのいわゆる真実性のない【飛ばし記事】も少なくありません。

こういうことが常態化しているいま、価値のある情報かどうか見抜くことは以前よりもカンタンにはいきません。 こと競馬情報においては価値を査定することが難しいことから『ネットは正しい』と思い込んでいると価値のない情報ばかりを掴まされることになります。

激動するこれからの情報社会において価値のある情報に巡りあう確率は下がり続けていくことでしょう。 いま良い情報を見抜くことができないのなら今後はもっと困難になっていく可能性が高いと言えます。

参考記事:インターネットはすべて正しい - 危険な10代の情報リテラシー

誰でも競馬で勝つことができる

良質な競馬情報を見抜けるかはスキルに依存するため知識を増やし学んでいくことで対処することができます。 ただし、このスキルは等価交換であるため良質な情報かを見極めるには、それに見合ったスキルが必要になる。

つまり、人によって情報の価値は違ってくるのが普通だということです。 この情報に価値がありますよと言ったところで見合うだけのスキルがなければ価値は感じられないでしょう。

こういった理由から競馬で勝てる人は勝つための情報にたどりつく可能性が高いと言えます。 では、いま競馬で負けている人には一切チャンスはやってこないのでしょうか?

何もしないのであればチャンスが向こうからやってくることはありません。でも、何のチャンスもない人生なんてイヤじゃないですか。 だから、これはチャンスだと思ったら勇気をもって飛び込み自分でつかみにいくしかない。

これは恋人を作るテクニックと似ています。恋愛上手な人は、初めからモテるわけではなく自ら膨大な数の女性にアッタクしているのです。 たった1%の成功率でも100人にアタックすることができれば恋人ができる可能性は高くなる。単純な確率な話なのですがナンパ師のテクニックとしてよく紹介されています。

私も同じことを実践しました。このとき意識したのは感情的にならないこと。もうイヤだと思ったら行動することはできなくなります。 そうならないために投資しても良い金額を決めることにしました。 この効果はバツグンで競馬商材なら1つにつき1万円、月3万円までと決めたことで継続して買うことができたのです。

もちろん99%はハズレでしたが1%の成功をつかんだおかげで私の人生は大きく変わったのです。 今では念願だった競馬で勝てるようになりました。

こうした体験を通して【確約された成功などないんだ】と実感できるようになり、今までの自分は誇大妄想気味だったなと反省しています。 私たちは感情のおかげで幸せを感じることができますが、その一方で間違った認識をもたらす負の面を知っておかなければなりません。

競馬で勝つことはイメージより難しくありません。それより正しい行動と正しい努力をすることが真に難しいことなのです。 これこそがマイナスサムの競馬でもプラスサムの株式投資でも同じく9割の人が負けてしまう理由でもある。

もし、あなたがいま不幸なことばかりだと感じているのなら必ず行動が間違っています。 それを引き起こしているのは自分自身であると自覚しなければなりません。

人間の運命を変える法則はすでに存在しています。

「 思考を変えれば、言葉が変わる。」

「 言葉が変われば、行動が変わる。」

「 行動が変われば、習慣が変わる。」

「 習慣が変われば、性格が変わる。」

「 性格が変われば、運命が変わる。」

競馬で勝ちたいのなら、それを邪魔している思考を変える必要があります。 私は、『ラクに儲かる競馬予想法があるはず』、『儲けさせてくれる予想屋を探す』『月いくら勝たなければ価値はない』、そういった考えをすべて捨てることから始めました。

その代わりに、『自分は何が得意で何が足りていないのか』、『足りないスキルを補完する予想屋はいないか』、『競馬で負けないためには何をすべきか』に集中したのです。 これらの思考は、競馬で勝つための現実的な行動につながりました。10年をかけて色々と遠回りしてきましたがスキルが向上し運命を変えることができたのです。

劇的に変わったのはここ2年の出来事であり、つい最近の話です。これから詐欺業者の餌食になるか、それとも自分の道を切り開いていくかは思考が決めると考えてください。

次のページを見る

⇒ #